FC2ブログ

ウエディングベル

先ほどまでに降っていた雨もあがり、うっそうと生い茂った木々から雨露が湯気になって立ち込めていた。

緑が鮮やかに色づいて木の香りが一面を覆っていた。

森の中の小さなチャペル。

私と腕をくみ、ゆっくりとバージンロードを歩む純白の君はまるでお姫様のよう。

ダメな父親だったね。ごめんね。でもこれからは彼と幸せにね。

その小さな手を彼の手の上にのせ、私の役割は終わりました。

神父様の問いかけに「はい、誓います」と君は答えた。

そして最後に二人でしっかりと手をつなぎ祝福の鐘の音とともにチャペルを出ていく君たち。

小さかった頃からの記憶が走馬灯のように流れていった。

胸に熱いものが込み上げて来た。

娘が嫁いでいった61歳のある夏の一日でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
デジウェーブ リサイクル事業部 のブログへようこそ!

dwrecycle

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR